FC2ブログ

    続・チェルシーについてムダに考える

     みなさん、こんにちは!!サッカーの各国リーグも3、4節ほど終了し、チャンピオンズ・リーグも始まったのだから、今回はサッカーについて書くことにします。

     ってなワケで、チャンピオンズ・リーグのグループ・リーグ第1戦が行われました。ざ~っと結果を見渡しますと、“やっちまった!”感があるのは、ミランとチェルシー、そして結果としては仕方ないとしても、内容的にはマンチーニ大激怒のシティってなところです。シティは本来“堅守”のチームのハズですが、今季はリーグ戦でも守備が不安定です。何となく、身体を絞りまくったテベスだけが元気で(笑)、他がまだ全然コンディションが上がっていない気がします。ベルナベウでの敗戦は予想の範囲内だと思われますが、終盤で逆転喰らったのはシティらしからぬ感じでした。このグループDは厳しいグループですから、マンチーニの怒りも理解できますが。

     というわけでチェルシーについてですが、ホームでのユーベ戦は運動量では相手に圧倒されてましたね。っていうかユーベの守備は凄かったです。チェルシーの2得点がいずれもミドルシュートだったことからも判ります。しかしあの2点目のオスカールのシュートは素晴らしかったですね。あのファースト・タッチのコントロールは意図してやったのでしょうか!?偶然だったのか!?まるでベルカンプのようでした!!

     シーズンオフがほとんど無かったマタをスタメンから外しましたが、彼がいるのといないのでは攻撃のテンポが全然違います。国内リーグでもそうでした。アザール、トーレス、マタはトリオ・セットで使うべきですね。アンチ・チェルシーの私でも惚れ惚れするほどのコンビネーションが展開される時があります。

     ランパードはねぇ~、うん、やはり今の彼はもはや“神”ではないでしょ!?運動量とパスの精度は全盛時には遠く及ばない感じです。それからどうして彼にコーナー・キックを蹴らせるの!?ドログバがいた時は誤魔化せましたが、あのキックの質ではトップレベルでは点は取れないでしょ!?とても気になりました。

     それにしてもユーベの強さにはちょっとビビリました。最近セリエの試合はとんとご無沙汰なんですが、そりゃ今季も現在首位なのは納得です。っていうか、チェルシー戦の内容ならば優勝も夢ではないかもしれません。とかムダに盛り上げてみましたが(笑)、現実問題として、あの戦術をシーズン通してハイレベルに保つのは非常に難しいと思われます。でも、息切れしなければきっと優勝しますよ。ただピルロはどうして“海賊”になっちゃったの!? 
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック