FC2ブログ

    コイル・タップって……

     みなさん、こんにちは!!“鈴木のレスポール・ブログ”にようこそ!!ってレスポール・ブログじゃねえよ!!当ブログはミュージシャン鈴木浩憲の知名度を上げるのが主目的のブログです。しかしながら、“ミュージシャン鈴木浩憲”などと検索するより、
    “レスポール・ブログ”
    “弦高”
    “異星人”
    などの検索キーワードの方が遙かに当ブログに辿り着く可能性が高くなってます。ここ最近では、
    “ロンドン警視庁犯罪捜査ファイル”
    ってのも有力候補です(笑)。使用上の目的を充分に留意された上で、当ブログとお付き合い頂けるとよろしいかと思います。

     ってなわけで、このところ音楽の話こそソコソコありましたが、ギターについての戯れ言を書いていませんでしたので、本日はゆるりとそこら辺を書いてみます。レスポールについてです。きっと目新しい意見ではないでしょうが、28年間レスポール・カスタムを愛用しているオッサンのいち意見として、読み流して下さい。

     さて、現在レスポールを買うとすると、いわゆるスチューデント・モデル(学生向け廉価モデル)を除くと選択肢は、大きく分けて、

    *カスタムショップのヒストリック・コレクション(スタンダード)
    *カスタムショップのレスポール・カスタム
    *ギブソンUSAのレスポール・トラディショナル、クラシック
    *ギブソンUSAのレスポール・スタンダード2008・2012

    の4ジャンルぐらいに分かれると思います。まあ、人によってもっと細かくジャンル分けする人もいるでしょうし、カスタムショップとギブソンUSAというようにザックリ分ける人もいるでしょうね。

     で、このジャンルの中で、私的には、
    「全然欲しいと思わないし、タダでもいらね~よっ!(もらうけど)」
    ってのがありまして、それは当ブログで一度も触れたことのない“ギブソンUSAのレスポール・スタンダード2008・2012”です。あっ!?ユーザーの方がおりましても気にしないで下さい。タダのオッサンの戯れ言ですから。

     2008の時代から、全然興味が無かったのですが、これが2012にリニューアルされて更に「何だかなぁ~!?」って感じが加速しています。 コイル・タップって……(苦笑)。これってホントにマーケティングの末の答えなのか!?ねえねえ、レスポール弾きのみなさん、みんなコイル・タップしたい!?

     それでなくともこのシリーズは、ボディ軽量化のために穴ぼこだらけなのに……、そんなに重いのイヤなの!?だからっていきなり重量が半分とかになるわけでもないのに。
    「レスポールは重いモノ!!」
    って小学校の時習いませんでしたぁ~!?(笑)唯一評価できるのはグローバーのペグを採用しているところと、“ブルー・ミスト”というイカしたカラーのモデルがあるところぐらい。

     ってなワケで、私的にはスタンダード2012の存在意義は全くありません。っていうか、希望を言っても良いなら、
    「トラディショナルのペグをグローバーにして“ブルー・ミスト”を出してくれ!!」って感じです。でも、ペグがグローバーだったらルックス的に“トラディショナル”ってのはウソつきになってしまいますね。でもさあ~、はっきり言ってクルーソン・ペグってゴミじゃん!?終わります。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2021/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック