FC2ブログ

    “理不尽”な選手

     普通に考えると代表チームってのは、クラブチームよりもコンビネーションを確立する時間が圧倒的に少ないので、どうしたってチームとしての戦術がクラブチームほどには完成させることができません。代表チームは、少ない時間でチームとして最低限機能させるために、必然的に攻撃よりも守備を重視した練習が中心になるのが普通です。その結果として、大抵の代表マッチは真剣勝負になればなるほど、守備的なゲームとなり退屈な試合が多くなります。まあ、仕方ないんですよ、こればっかりは。

     先週から今週にかけてインターナショナル・ウィークってことで、各地でW杯予選や国際親善試合が行われています。日本でもけっこうな数のカードが中継されますが、代表ゲームはツマラナイことが多いので、私はそれほど真剣には観ていません(笑)。でもまあ、16日のW杯欧州予選グループCのドイツ対スウェーデンは私的に注目でしたので、観ることにしました。え~と、正直言ってドイツが普通に勝つと思っていましたし、注目していた理由として一番大きかったのは、

    「世界的に見て両国とも非常にフェアである!!」

    からなんです。観ていて気分が悪くなるようなことが無いだろう!?このカードならね!って感じでした。大して熱が入っていたワケじゃないんですよ。

     でもね~、ホント録画しておいて良かった!!アンタ、欧州予選で4-4なんてスコアを予想していた人いましたか!?しかも、あのドイツがホームで4-0から追いつかれるなんて……。実際のところ、これって何十年に一度あるかどうかじゃね!?

     立ち上がりから、ドイツは両サイドを思い切り使って“やりたい放題”って感じというか、スウェーデンがサイドの守備ユル過ぎ!!って感じで、56分にエジルがゴールを決めた時点で4-0。私は録画で観ましたが、生で観ていた人はこの時点で、というか、ひょっとしたら前半が終わったところで観るのやめたんじゃない!?まあ、どう考えてもドイツが勝ち点3の流れでした。

     タダねぇ~、スウェーデンにはイブラヒモヴィッチがいますよ!!ってことで、62分にカルストロムのピンポイントのクロスがイブラヒモヴィッチの頭へ!!
     このゴールはイブラヒモヴィッチのこれまでのキャリアの中のゴールとしては、特に“スゲ~!”ってワケじゃなかったのですが、何というか、完全に流れが変わっちゃいました。あまりに見事にイブラヒモヴィッチにやられてしまって、ドイツがビビリ始めた感じでした。でも言葉では上手く伝えられませんが、“ビビルのも仕方なかろう!?”って感じではありました。

     この時点ではまだ3点差。まだセイフティと言っても良いリードでしたが、スウェーデンの選手も「俺等にはイブラがいる!!」という気持ちになったのでしょうね。その後、怒濤の攻撃で64分、76分と得点し、遂にはロスタイムに追いついてしまいました。

     イブラヒモヴィッチは1得点でしたが、あの得点で全てを変えてしまいました。ホントに相手にとって“理不尽な”選手ですな(笑)。

     ねえ!?ところで、ノイアーってまだまだでしょ!?
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック