FC2ブログ

    レスポールとストラトの使い分けをムダに考える

     私は基本的にはレスポール弾きなオッサンですが、何度か当ブログでも触れているとおり、ストラトキャスター(以下ストラト)も持っていますし、レスポール同様素晴らしいギターだと思っています。ただし、ハムバッカーを載せたストラトは好きになれませんが……。

     さて、本日は誰から要望があったワケではないですし、今後その予定もきっと無いんですが、私がレスポールとストラトをどのように使い分けているのか!?ということでも書きたいと思います。そりゃねぇ~、ソロはレスポールでバッキングはストラトに決まってんじゃん!!(笑)オイオイ、昨日の続きかよっ!?という冗談もソコソコにいってみたいと思います。

     もちろん、楽曲によっては明確に、“ここはストラトのクリーン・トーンがベスト!!”とか“レスポールのブッといディストーションでごりごりのリフ!!”と議論の余地が無いモノもあります。まあ、そういう判りきった場合は別として、レコーディング等でどんな風に使い分けてるのか!?って話なんですが……。

     レスポールを使いたくなる時ってのは……、私の場合、一音一音のリズム、音質、ニュアンス等々を正確に出したい時です。何というか、レスポールって精緻な音を積み重ねていくのに適している気がします。アタマの中のイメージを寸分違わず現実の音として表現したい時、一つのミスタッチも許すまい!!といった感じの時には迷わずレスポールを手にします。

     じゃあストラトはどうよ!?私はストラトでブリッジ・ミュートするのがあまり得意ではありません。だってセーター着てると引っかかるし!!というのは冗談ですが、右手をブリッジから離してフリーな状態で弾くような時には、ストラトって最高のギターですな!!何というか勢いで“ガァ~ッ!!”とブルーズを弾いちゃう時とかには、とてもイイ感じです。私はレスポールだとこれが上手くできません。レスポールだと右手をブリッジから離すと非常に不安になるんです(笑)。

     先ほどレスポールの時はとにかく正確に弾きたい時だと書きましたが、ストラトで弾きたい時ってのは、勢いとかドライブ感が最優先で、別にノイズとかミスタッチとかあっても関係ないや!!っていうフレーズを弾きたい時ですね。良い意味でラフに“ジャギ~ン!!”みたいな!?っていうか、お前、クリエイターなんだからもうちょっとマシな擬態語使えよ(笑)。

     まあ、どちらか一方しか使わない人にとっては、どうでもいい話でしょうし、両方を使い分けている人にとっても、何のことやらサッパリかもしれませんが、私はこんな感じです。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック