FC2ブログ

    “引きの美学”ってことで

     ってなワケで、ムダに記事を量産してんじゃね~よっ!!って感じの鈴木がお送りします。イヤ、一応私のブログ・ジャンルは“日記”ですので、日々あったことをツラツラ書くことはむしろ正しい方向性かとも思われます。というワケで、左側リンクの大絶賛発売中の私の楽曲も宜しくお願いします!!

     さて、創り直し中の楽曲がミックス・ダウンでハマリまくりだという経過をお伝えしてきましたが、どうにもならなくなって、いつもダメ出しをしてくれる件の友人の力を借りることとなりました。もう自分の感性では客観的に聴くことが不可能なところまで追い詰められてしまったからです。追い詰められているワリには、フィギュアスケートだサッカーだとブログで垂れ流しているじゃん!?という指摘はナシにしてね(笑)。

     で、その友人の感想ですが、
    「“Fly”という本来軽快な感じがテーマのハズなのに、何か音が押し寄せてくる感じに聞こえる!!ムダに重厚な気がする。」
    とのことでした。それを聞かされて、うん!確かにドラムもベースもギターもヴォーカルも、全員が主役を張ろうとしていて、お互いが足の引っ張り合いをしているのかも!?とかそんなことを思いました。

     それぞれが良い音であっても、音が聞こえている空間には限りがあります。優れたエンジニアやプロデューサーであれば、それでも何とかまとめることができるのかもしれませんが、私は所詮、言ってみればギタリストでしかなく、エンジニアとしての教育を受けたことがあるワケではありません。
     
     そこで気づいたのですが……、これまで以前はベースが打ち込みでしたが、現在では手弾きです。ドライブ感を出すには手弾きの方が簡単ですが、録音されたベース・パートに対する自分自身のこだわりも当然強くなっています。これまでは打ち込みのベースだから、こだわりもそれほど強くなく、ミックス時にそれが良い意味で“引きの美学”(そんな大層なことでもないが)を生み出して、程よいバランスが取れていたのかも!?

     ってなワケで、ベースを録り直すことにしました。どうしてそうなるの!?って感じですが、良い意味で「俺は所詮脇役だよぉ~ん!縁の下の力持ちってことで良い仕事するよぉ~ん!」というニュアンスでトーンも含めて弾き直してみよう!!と思ったのです。いやいやミックスの調整だけでどうにでもなるのでは!?とか思われるかもしれませんが、どうにもベースのニュアンスが「俺のベースを聴け!!」(笑)という感じでして、フェーダーをあちこちいじったからどうなるという演奏ではありません。これでは、“引きの美学”は生み出せませんな。

     まあ、こうしてさらに迷路にはまり込むという可能性もあるのですが、ベースを録り直してみました。ただし、ワザとそのままミックス作業に移行しないで、耳を休めてから少し時間を置いてみようと思っています。煮物だって一度火を止めて置いておくと味が良くなるじゃん!?(笑)レコーディングだってそうなるかもよ!?(ねぇ~よっ!!)
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2021/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック