FC2ブログ

    まったくカナダって国は

     みなさん、こんにちは!!いつもご訪問ありがとうございます。週末の午前中ってのはどうにも調子が出ない鈴木です。じゃあそれ以外は絶好調なのか!?っていうツッコミもひょっとしたらあるかもしれませんが、当ブログをお読み頂いている方々には既知のことと思いますが、っていうか判ってるクセに!?って感じです。

     先日“CDプレーヤーが人見知り”という非常に馬鹿げた記事を書きまして、自分でもクダラねえなぁ~!!と思っていましたら、友人が“ムダに面白かった!!”と言っていました。実を言うとこの友人は、私が全身全霊を傾けて(ホントか?)書いて、自分なりに満足しているような時……、まあひと月に1回ぐらいなんですが(笑)、そういう時は、

    「何か判りづらいわ!イマイチだったかも!?」

    とか言いやがります。でもまあ、そんなモノかもしれません。ヘタに狙って書くとロクなことありませんな!!

     ってなワケで、いつものように調子が出ないので、カナダ選手権の男子シングル以外について書きます。とはいえ、バーチュー/モイヤ組以外についてはあまり真剣に観ていなかったことを告白しておきましょう。

     きっとカナダって国は、フィギュアスケート強豪国としての自負はバリバリにあると思います。しかしながら私がフィギュアを見始めた98年頃以降、こと女子シングルに関してはどうにもイマイチです。っていうか国際舞台で表彰台に絡むことができた選手ってジョアニー・ロシェットしかいませんでしたね。まあジェニファー・ロビンソンとかが国内選手権7連覇とかしていたぐらいですから、そのレベルは推して知るべしかもしれません。う~ん、何か偉そうだな私(笑)。

     ってなワケで、カナダとしては、今季の世界選手権が自国開催のカナダとしては、女子シングルの出場枠が一つしかないカナダとしては(しつこいな!)、ケイトリン・オズモンドを売り込んでおかねばなりません。彼女が世界選手権で相当上位に入っても違和感がないようにしておかないとね!(笑)

     まあ彼女が現在のカナダ女子シングルで一番なのは間違いないでしょうが、あんなにスコアを“盛り盛り”にされると、ちょっと引いてしまいますな。このスコアじゃ世界選手権で表彰台争いだわ!!別にオズモンドを嫌いではありませんし、彼女のせいでもありませんが……。

     加えてアイスダンスなんですが、バーチュー/モイヤ組はこの後、四大陸選手権と世界選手権でデイビス/ホワイト組(アメリカ)と、それこそ1、2点を争う熾烈な戦いが待っています。今季はここまでアメリカ組に遅れを取っていますので、プログラムに手直しをしたりして、その効果を正確に摑みたいところだったと思いますが……。全体的にスコアを盛ってしまうが故に、差をつけなければなりませんから、バーチュー/モイヤ組にも自動的に盛られてしまいますね(笑)。まあでも、本来のスコアが元々高いバーチュー/モイヤ組の盛り方は少なかったかもしれませんけど。バーチュー/モイヤ組にとってはかえって迷惑なんじゃない!?って気がしました。

     まったくカナダって国は……。まあ今さらなんですが、世界選手権では何をやらかしてくれることやら!?って気がします。え~と今回は辛口ですが、どうぞ気軽に深く考えないで読んで下さい。アホなオッサンの戯れ言ですから。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック