FC2ブログ

    基礎練習は潜在能力

     昨日は速弾きを練習すると宣言してしまいましたな。
     通常の基礎練習2時間半に加えて、朝昼晩とそれぞれ1時間ずつぐらい速弾きに特化したような練習をしてみました。もちろん、1日2日で結果が出るわけもありません。これが17歳ぐらいの“伸び盛り”のギター少年だったら日々の成果を実感できるかもしれませんが、もう私はほとんど50歳に近いオッサンです。果たして日に5時間以上弾いたからと言って……、どんなモンでしょうか!?

     ギターって一体どれぐらい弾けば巧くなるのか!?ってのは、完全に個人差があると思いますが、私の場合は“毎日6時間”とかそういう時期はこれまでありませんでした。単に“ギターを弾く”と言っても好きなフレーズをダラダラと一日中弾いているのと、明確な意図の元にキチンと基礎練習を2時間!!というのでは、その上達度合いは随分と違ってくると思いますな。私の場合は一応後者なんです。もう18歳ぐらいの時から、ギターを弾くということは、ほとんど基礎練習をするということに等しい感じでした。

    「それはツマラナイだろっ!?」

    って意見はあると思います。まあ確かに。
     ただし、こうしてデフォルトを基礎練習という状態にしておくと、曲を演奏するときの楽しさってのが格別になるんですよ。それに普段基礎練習を続けているおかげで、コピーだろうがオリジナルだろうが、自分の思うままに指も動くから、楽曲やフレーズをマスターすることのストレスってのが非常に軽減されます。

     まあその分、普段がストレスだらけじゃん!?楽しくなければ意味無いじゃん!?って話でもあり、どちらを選ぶかは本人の自由です。

     でも初心者の人に“どうすれば良いか?”と問われれば、私は迷わず基礎練習をすることをお奨めします。長い目で見ると……、ダラダラとコピーなどを弾き続けると1年もすれば“そこそこ弾ける”曲はけっこうな数になるかもしれません。基礎練習をしている人よりも実際に演奏できる(と思われる)曲は多いでしょう。

     しかしながら基礎練習をしている人は、実際には弾いたことナイ曲でも実は潜在的にマスターしているということも少なくありません。特別その曲を指に覚えさせようとしなくとも、意外と“サラっと”弾けるモノなのです。知らず知らずのうちに、ヘタすりゃ聴いたことナイ曲だって弾けるようになっていたりしますな。実はダラダラと弾いている人よりも“弾ける曲”は圧倒的に多いでしょうね。

     とかムダに書いてみました。誰かの参考になったりすると幸いです。またね。

    基礎練習の成果がきっと出ている私の楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2020/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック