FC2ブログ

    ドライヴ感

     年甲斐もなく“速弾き練習宣言”をしてから5日間が経過。
     なるべく時間を見つけて自分なりの速弾きに特化した練習をする毎日であります。(敬礼!!)通常の基礎練習もやっていますので、左手の指が最初の3日ぐらいは痛んだ鈴木ですが、どうやらそれも峠を越した模様です。

     さて……、じゃあアンタ、それは結果に結びついているのか!?って話ですが、
    「そんな数日間で結果が出ると思うか? ギターをナメテんのか!?」
    とか開き直り発言をしても良いんですが、え~と、実を言うとそれなりに出ているかも。だって通常練習の後半、つまりはテンポが速くなってからのスケールが楽に感じ始めるようになってきましたから。まあこれまで“いっぱい、いっぱい!!”だったのがそうでもなくなってきただけで、これまでよりさらに速いテンポでも練習している!!ってほどではないですが。

     ちなみに“速弾きに特化”とか言っても、速弾き用にピッキング・フォームを変えているワケではありません。そういう風にやる人も多いですし、感心したりもするのですが、私は手先が器用じゃないんだよっ!!だってストラトのヴォリュームが近すぎるとか言ってるぐらいですよ(笑)。

     でも実を言うとストラトのヴォリューム問題は解決とまでは行きませんが、けっこう慣れてきたかも。何故かと言うに、レスポールとYAMAHA SF-7000は普段ハードケースに入れておりますが、2本のストラトはどちらもスタンドに立てております。「速弾き特化練習」はちょっとした時間を見つけてトライされますので、必然的にストラトによって練習されることが多いワケ。だからストラトを弾く機会が増えましたな。そのせいか、気づくとヴォリュームがゼロになっている!!ということがけっこう減ってきましたな。常に絶対大丈夫!!ってレベルにはほど遠いですが、特別意識していないものの徐々に右手が当たらなくなってきたかも……。身体ってのは勝手に覚えるのかも。

     ピッキング・フォームを変えないのは、前述したように手先が不器用という理由もありますが、タッチが変わることによるトーン・ニュアンスの変化がイヤだからというのもあります。ついでに“軽いタッチ”にするとトーンの変化だけでなくドライヴ感も失われる気がするし。まあ“ドライヴ感”っていうのは難しい話でして「こうすれば出る」っていうやり方があるワケではないのですがね。軽いタッチでもドライヴ感が出る人はいるんですけど、私には到底できないような気がしますわ。
     まあドライヴ感ってのは永遠のテーマっていうか課題かもしれませんね。
     また今日もムダに頑張ってみますわ。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2021/03 | 04
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック