FC2ブログ

    レスポール・カスタム・ライト

     やっぱりブログジャンルを“日記”に戻して正解か!?
     スポーツのムダな記事ばっかりじゃん!?って話ですので、今回は音楽に。
     しかも、“本道”とも言えるレスポールのムダな話です。

     さて当ブログはこれまでレスポールの良いところ、悪いところを私の勝手な主観によりいろいろと書いてきました。で、今回はその悪いところを無くしたレスポールってのも、ちゃんと本家ギブソンから出ていたんだよ!!って話です。とはいえ、このギターについて特に詳しいワケでもナイですので、気楽に読んで下さい。っていうか、当ブログを真剣に読んでる人などいないってか!?

     それは1987年に発売された“レスポール・カスタム・ライト”というモデルです。
     私はこのギターを弾いたことがありません。それどころか、この発売当時に楽器屋で一度見かけただけです。今思えば……、あの時に弾かせてもらえば良かったな。ちょっと後悔しています。しかしながらその楽器屋さんは、いつもの行きつけの楽器屋さんではありませんでしたし、当時は黒カスタムのローンがまだ大量に残っている学生の身分でして、到底買えるワケもありませんでしたから、
    「ちょっと弾かせて下さい!!」
    とは言えませんでした。

     しかしながら、その見た目は強烈に印象に残っています。そのカラーがとても素敵でした。パールピンクのような感じだったのですが、レスポール大名鑑にこのカラーのギターが載っていまして、それによると“メタリック・サンセット・フィニッシュ”となっています。

     このギターの最大の特徴は軽いこと、そして弾きやすいこと。通常のレスポールよりもボディが16mmも薄くなっており、その上コンタード・ボディ(ボディバックの上に来るところが身体にフィットするようにカットされている)です。ちなみに私は当然のようにこのギターを横から見てみましたが、ホント、ボディが薄くてビビリました。ボディが薄い分、当然ネックヒール部も薄くなりますからきっとハイポジションのストレスもナイでしょうね。

     つまり、私が当ブログでムダに取り挙げてきたレスポールの主な欠点、重い、ハイポジションが弾きにくい、肋骨痛ぇ~じゃん!!がクリアされているのです。何て素敵!!でも、ほどなく生産中止になっちゃいました。

     やはりレスポール特有の太い音は出ないという話です。まあ仕方ないのか……。欠点を潰したら長所も同時に無くなったのね。まあ“普通のレスポールのように太くない”からってそれが良くない音とは限りませんが……。でも同じような音が出るのであれば大ヒットしたのかも!?それよりも、横から見た時のボディの薄さゆえに「レスポール!!」という感じがしなくて、人々の気持ちを掴めなかったのか!?見た目を重視する鈴木としましては、実は音よりもこっちの見た目の違和感の方が売れなかった理由では? と考えていたりします(笑)。

     でもホント、弾いてみたいなぁ~……。今度どこかで見かけたら何としても弾くつもりの鈴木であります。(敬礼!!)またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2021/03 | 04
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック