FC2ブログ

    エボニー指板のストラト

     今回はギターのエボニー指板について書きます。ムダにゆるりと書く気満々ですので、読まれる方々も決して気を張らずに、あまり深く考えないで読んでいただきたいと思います。初っぱなからクダラなくなった時のイイワケ全開って感じですな。

     さて、ギターの指板材は大まかに言うと、ローズ、メイプル、エボニーあたりが一般的ですが、その中でも私はエボニー指板が一番好きというのは当ブログで何度も書いています。エボニーのあの“ブニュ~っと”指が沈み込む感覚”(当社比)が堪らなく好きです。しかしながら、どれが好きか?ってのは完全に個々人の好みであって、どれが最も優れているか?というのは一概には言えないことでしょう。

     ただ、エボニーに関してはある程度高級なギターにしか使われていません。詳しい理由は知りませんが、材のコストが高いとか加工が面倒だとかいう理由だと思われます。最近では材自体が非常に稀少になってしまいました。ギブソンでは現在、60万円以上する限定品にしか使われていませんな。
     
     ちなみにここからいつものように脱線しますが、この60万円という価格ってどうなのよ!?ちなみに私は、現在の経済状態だと当然ですが(笑)、仮にかなりの高収入であったとしても、60万円のギターを買おうという気は起きませんな。何故か!?そりゃアンタ、60万だからって30万の2倍良いワケじゃないからだよ!!(笑)まあどんな商品でもそうですが、高級になればなるほど、コスト・パフォーマンスは悪くなる一方ですね。完全なる私見を述べますが、エレキ・ギターの場合、10万円あたりから徐々にコスト・パフォーマンスは悪くなり、20万ぐらいまでは「まあ、仕方なかろう!?」と言うレベルで、それを超えるとほとんど「高いモノほどコスト・パフォーマンスは悪い!!」という状態になる気がします。

     逆に言えば、ギターを嗜好品としてでなく、完全なる楽器という“道具”と考えた場合は10万円以下のを買うべきだ!!と言えるかもしれませんな。まあかなり暴論ですけど。

     さて脱線もほどほどに、エボニー指板の話に戻ります。今回私が言いたいのは、これは現在のようにエボニーが不足する前からの話なんですが、
    「どうしてストラトキャスターはエボニー指板が少ないの!?」
    ってことです。まあ、そもそもオリジナルのフェンダーにはそういうのが無いから!という理由もかなり有力ですが、それで終わらせてはあんまりです。

     ってなワケで、私がムダにゆるりとその理由を考えたのです。指板材が変わると音が変わると言われていまして、指板材にはそれぞれ固有の音の特性があると言われています。じゃあそれは誰が聴いても判るほど明らかに違うのか!?という話なんですが……、え~と、私はきっと判りません(笑)。イヤ、判る人も多分いるとは思うんですが、それは少数派だと思われます。手触りの違いは確実にありますけどね。っていうか、私自身、エボニーが一番好きなのは左手の感触がイイからだよ!!って話です。しかしながら、ローズやメイプルの感触が一番好き!!って人もいるワケでして、音どころか手触りにおいても「どの指板がベストか?」簡単には優劣がつけられないのです。

     つまり、音の違いが判らない(判る人もいるけど、普通の人にはまず判らない)、手触りの優劣は人それぞれ……。こうなった時に、メーカーがワザワザ、エボニーの感触が好きと言う私のような人のためだけに、割高になってコスト・パフォーマンスが低下した製品をラインナップに加えるでしょうか!?うん、エボニーの感触が一番好き!!という人が最も多いというのでなければ、造らないわな、きっと。つまり、仮に指板材以外、ボディやハードウェアは同じギターってのを造って、ローズ、メイプル指板は同価格、エボニー指板は1割増しってラインナップがあったとすると、きっとエボニーが一番売れないんでしょうな!?高いから。

     という風に勝手に考えています。
    「エボニーにしたからってその価格差ほどに音が良くなるワケじゃないし、高くなると売れないしな!」
     こんな感じにメーカーは考えているのかも!?

     まあ、“エボニー指板のストラトが欲しけりゃオーダー・メイドしろよ!!”
    ってことなのでしょう。ええ、勝手にそう理解することにします。勢いだけで書いたので非常にいい加減なデキの当記事ですが、まあ、「コイツ、またバカ言ってるよ!」ぐらいの気持ちで読んで下さい。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック