FC2ブログ

    タイトル

     タイトルが決まらない。
    “ミルフィーユ・ロック”などと巫山戯たことをヌカしている新曲のタイトルが決まりませんな。
     歌詞の方は「よ~しやるぞっ!!」と気合いを入れて仮歌を録りながら考えるという、あまり今まではやらなかった方法であっという間にできたのに……。いつもだったら、歌詞を考える前にインチキ英語で仮歌を録音したトラックを創って、それをプレイバックしながら歌詞を考えるという方法を使うのですが、今回はいきなりやってみました。
     
     そうしたらそれが思いのほか巧く行き、鬼ディレクターの関所を一度で通過するという、もうほとんどこれまでに例を見ない快進撃。逆に不安になった私が、
    「ここのところがイマイチだと思うんだけど」
    とかムダに自己申告する始末(笑)。でも、「全然大丈夫!!」だそうです。
     
     もちろんその時点でタイトルも決まっていました。しかしながらタイトルに関しては却下されましたな。タイトルとは、
    「その曲を実に見事に表している!!」若しくは、
    「タイトルを見ただけで目を引く、または聞いただけで耳を奪うインパクトがある!!」必要があるそうです。それは私も同意見なんですが、私が当初予定していたタイトルは、鬼ディレクターに言わせれば、

    「まあサビの部分の歌詞にも出てくるし、曲を表しているとも言えるけど、今一つ言葉としてのインパクトが足りない。タイトルだけを見て聴いてみようとは思わないかも!?っていうか、タイトルが曲に負けてるじゃん!?」

     最後の部分は褒め言葉なんだよな!?

     まあ確かに、本気で売りたければ(売らないと今後の生活がヤバイんだよ!!)イントロから20~30秒でリスナーの心を鷲摑みにしなければならないのと同時に、そのイントロを聴いてもらうために、インパクトのあるタイトルを付けることは重要ですね。

     たとえば“この曲はタイトルで勝ったも同然だよね!?”という曲があるじゃないですか!?例を挙げようとしても思いつかないダメな私ですが(笑)、まあアルじゃん!?

     ですから、そういう勝負すべきポイントではキチンと同じ土俵に上がっておく必要がありますな。それでなくとも知名度が皆無なのだから……。とか書いていましたら、その昔、エディ・ヴァン・ヘイレンが、
    「タイトルなんて何でもイイんだよ。“ヨーグルト”だってイイくらいさ!!」
    とインタビューで言っていたのをムダに思い出しました。そりゃアンタはエディ・ヴァン・ヘイレンだからだろっ!?ってことで、私は“言葉センサー”を“強”に設定してイカしたタイトルを考えます。またね。
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    ども

    どうも、高校時代にロックバンドでギター弾いてて、でその後ずっとご無沙汰タでしたが、最近また30ウン年ぶりに弾き始め(その時に買ったギターまだ持ってますが完全に置物になっていたのを手を入れて復活させました)、今はアメリカノアイダホに住んでいるので英語のサイトをまずいろいろさがしてYouTubeとか見て色々練習してるんですが、日本語のサイトを検索してみたところここに行き着きました。メトロノームを使ったスケールの練習とか、参考にして最近ぼちぼちやってます。ギター以外の趣味はフライフィッシングです。よろしく。

    Re: ども

    はじめまして。コメントありがとうございます。
    ということは、私とほぼ同世代の方ですね。
    ホームページもご覧いただいたようで、ありがとうございます!
    何かしら参考になれれば幸いです。今後もよろしくお願いします。

    No title

    はい多分同じ位の歳みたいです(私は昭和35年生まれです)。リッチーブラックモアのホームベース型のピック、私も一時使ってましたから。最近やっと手が慣れて来て、そんなに早弾きとかはできませんが割と指が動くようになってきました。ただ弾いていてもすぐネタ切れしちゃうんでもっとボキャプラリーを増やさなきゃあかんなと思ってます。もともとピッキングのときは右手の薬指とかをピックガードにつけるクセがあるんですが、手首側をアンカーにしてピッキングできるように改造したいと思っています。あとマックのガレージバンドでバッキングトラック作ってそれでブルースのソロの練習とかもやってみようと思ってます。鈴木さんはガレージバンドとかのソフトウエアを練習の時使ってますか?

    Re: No title

    どうもです。
    ギターのフレーズってどうしても“指癖”になりがちですよね!?
    私は練習時にはソフトウエアを使うことはありません。
    ソロのフレーズに関しては、
    「アタマに浮かんだフレーズを実際に弾いてみる」
    ということがほとんどです。浮かんだフレーズが実際に弾けるかどうか判りませんが、少なくとも指癖の打破にはなっている気がします。
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック