FC2ブログ

    最優先事項

     私のホームページで最もアクセスが多いページは、ギター開眼法のLesson17「真実は弦高とともに」です。もうホント、ブッ千切りって感じでして、ちなみにけっこう離れて2位だけど、それでも3位以下をブッ千切っているのは「聴くといいかも」なんです。どうやらこの2つの記事が人気のようです。

     さて、Lesson17「真実は弦高とともに」というのは、簡単に言うと弦高バカ高ギタリストである私が、高い弦高によるメリットを訴えて、“みんなも一度やってみ!?”という記事なんですが、私としてはこの記事を読んだ後に実際に弦高を上げてみている人がどのぐらいいるのかムダに気にはなります。それにしてもこの記事にアクセスが多いと言うことは、世のギタリストがいかに弦高について悩んでいるか? ってことの証しでもありますね。

     極めて簡単に言ってしまえば、
    「弦高なんて自分が一番弾きやすい高さにすればイイじゃん!!」
    ってことなんですが、このギターの弦高ってのはサウンドにもかかわってきますので、けっこう難しいところではあります。

     一般的には弦高を高くすると“音は良くなるけど弦が押さえにくくなって弾きにくくなる”、低くすると“音はショボクなるけど弦が押さえやすく弾きやすくなる”と言われています。結局は個々人でどっちを取るか選択することになります。ただ全ての人が“弾きやすい”側に行かないでそれなりに悩んでいるのは音楽にとって、というかギターにとっては良い傾向です。っていうか、何でそんなに上から目線なのよ(笑)。

     まあ私がどうして弦高を高くしているかはこのLesson17「真実は弦高とともに」にグダグダ書いてあるんですが、今回は私が弦高を高くしている決定的な理由を発表したいと思います。あっ!?でもあんまり他人には参考にならないかもしれません。肩の力を抜いて気楽に読んで下さい。

     私がギターを弾いている時に最も気にすることは、

    「チョーキング・ヴィブラートをしている時の充実感」

    だからであります。(敬礼!!)どんなに速く弾けようが、コードが楽に押さえられようが、この感覚無しにはギターなんて弾いてられねえぜ!!って感じなのです。で、チョーキング・ヴィブラート時の充実感を得るためには、私にとって高い弦高が必要不可欠なんですな。まあそういうことです。

     もちろん人によってギターを弾く時の最優先事項ってのは違うでしょう。弦高に悩んでいる人は、“自分の最優先事項は何か?”と考えてみて、そこから弦高を決めてみるというのは如何なモンでしょ!?またね。
    iTunes storeで楽曲発売中!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    上昇中

     弦高、SGとテレキャスターで一か月前位から12Fの位置で3mmチョイにしてみました。 最初は弾き難かったのですが、慣れるもんですね。 そろそろ弦交換なので、もう少し上げてみようと思ってます。 音は・・・下手なせいか、よくわかりません。 が、下手なのだから、せめて良い音を出せるように頑張ります! 

    Re: 上昇中

    mike-mike様、やりましたね!(笑)
    きっとクセになりますよ!!
    頑張って下さい!!何か凄く嬉しい鈴木です。

    弦高を上げるメリットを感じてる一人です。
    但し、トレモロユニットも使いたい人達に留意点を投稿しておきます。(鈴木氏はアームを使いません)
    ユニットを上げれば、フローティング状態が増します。同時にサスティンも失われます。そしてテンションも緩くなります。私はスプリングを三本から四本、五本へと増やす事で対処してます。(もちろんアーミングは重くなり、ナイフエッジの接点にも過度の負担がかかるためメンテナンスは注意すべきです)あ、コレはフロイドローズ系のユニットの話です。
    シンクロナイズ系は二転支持の場合、ユニットを上げると同時に駒も一つづつ調整してみて下さい。やはりスプリングの数を増やすのをお薦めします。
    問題は、オールド系の六本ネジのユニットの場合です。ユニットを上げ過ぎると、ネジごと壊れて本体から外れて壊れます。(スプリングを増やすのもリスクがあります。)駒を上げるのも限度があります。最近の六本ネジ系は、六本全てナイフエッジにしてユニットももちろん、対処してるようです。(ポールリードスミスのユニットが代表格でしょう)
    いずれにしても、アームも使いたい!弦高も上げたい!という方
    は、少しずつ、注意しながら調整してみて下さい。きっと、素晴らしい音楽が、奏でられる、最良のセッティングが見つかります!

    弦高高め良いですね

    自分も鈴木さんのLesson17「真実は弦高とともに」を見てから弦高を高くしてみました。
    心なしか音が良くなった気がします。それに、自分のギターはあまり高級品じゃなく、フレットのすり合わせが甘かったりするので、ビビりが解消されるっていうメリットもありました。
    あと、単音とかを「弾いてる」って実感が湧きますね、クセになっちゃいました笑

    Re: 弦高高め良いですね

    そうなんです。
    弦高が高い方が「弾いてる」という実感が湧くんです。
    それは表現力においての影響が少なくない気がしますね。
    クセになったまま頑張って下さい!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    02 | 2021/03 | 04
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック