FC2ブログ

    自分の曲に叱られましたわ

     昨日はレコーディングをしていました。
     もう20年以上前に創った曲で、バンド時代の重要なレパートリーの一つでした。
     そしてその曲は、潰れたレコード会社にいた時にレコーディングして結局お蔵入りになってしまった2曲のうちの1曲です。
     それを自分で創り直しているのですな。
     何というか、自分的にけりを付けようかな?という感じもあります。

     さて、その曲はイントロのギターがクリーン・トーンです。
     バンドでやっていた時は、もちろん曲の途中でギターを持ち換えたりしませんから、クリーン・トーンもその後のヘヴィになった時のディストーションサウンドも、レスポールで弾いていました。まあそりゃそうだ。
     ちなみにレコード会社でレコーディングした時も、全パートレスポールで弾きました。

     でも……、う~ん、この部分のクリーン・トーンはストラトの方が良くねぇ!?
     と考えないこともなかったのです。ですからこれは良い機会だと思って、この自分で創り直したヴァージョンは、クリーン・トーンをストラトで弾こうと決めました。きっとその方がサウンド的にはカッコイイだろうという判断です。

     というワケで、そのイントロの部分をストラトで弾いてみました。
     ええ!!予想通りこのストラト・サウンドの方がクールに感じます。
     これでこそレコーディングってワケ。ライブでは物理的に不可能なことができてしまいます。そうして何度か録音してみました。でも……何か違うんだよ。

     サウンドはイイ感じに聞こえるのですが、弾いている時のフィーリングが……。
     つまりこの曲はいつもレスポールで弾いていたからだと思うんですが、弾いている両手と曲の一体感が出ない感じなんですな。う~ん、判りづらいかもしれませんけど。

     何か自分で弾いていると言うよりも、誰かが弾いた演奏をなぞっている感じなんですよ。 
     サウンドに満足しているのに、弾いているフィーリングに違和感を感じることなど、これまでは無かったのですが……。

     何だかこの曲に、
    「俺はレスポールじゃないと歌わないぞ!!」
    と言われているような感じです。

     実はこの曲、私のレパートリーの中では歌いながら弾くのがかなり難しい部類の曲なんです。だからいつもライブの時には渾身で演奏していた覚えがあります。で、いつもそれはレスポールで弾いていましたので、もうこの曲とレスポールはセットとして身体に記憶されているのかもしれません。

     サウンドとフィーリングどちらを取るか!?まあ普通ならサウンドが良ければフィーリングも良くなるものだし、その逆もそうなんですが……。
     こんなことは初めてですな。でもやっぱり、レスポールで録り直そうと思っています。
     自分の創った曲に叱られた感じですな。え~と、スイマセン、何やらワケの判らないことを長々と。相変わらずの役立たずぶりを発揮してしまいました。またね。

    いつもはサウンドもフィーリングもバッチリなんだけどね!楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    10 | 2020/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック