FC2ブログ

    入り込むと

     みなさん、お元気でしょうか!?
     いつも訪問ありがとうございます!!
     今現在、ブログの更新はほったらかして(笑)、“隠し球”のレコーディングをしていました。ですから、こうしてブログを書くことでレコーディングの“小休止”って感じです。

     さて、ワザワザ書くことではナイかもしれませんが、ギターのバッキングをレコーディングしていて思ったことがあります。この隠し球はギターのバッキングが延々と同じパターンの繰り返しなんですが、そういうのって「今現在どこを弾いているのか?」ってのが判らなくなる時があります。

     ですから、DAWの小節表示を気にしたりとか、アタマの中でヴォーカル・パートを歌ったりとか、それなりの“ガイド”ってのを意識することになります。まあこれが普通でしょうか!?

     でもねぇ~、むしろそういうのを意識しすぎると、かえって間違ってしまう気がします。 先ほど途中でほとんど意識が無になるというか、ただただギターを演奏することに集中する瞬間が訪れたんですが、そうすると自然にやめるべきところで勝手に手が止まりましたわ!!えっ!?言ってることが判らない!?つまり、小節を目で追ったりして“あと何小節”とか意識するとむしろミスする感じ。そんなことを意識するでもないほどに入り込んでしまうと、もう間違わないんですな。勝手に落としどころに収まるというか……。

     今までもそういうことってあったのかもしれませんが、本日はそれを強力に意識しました。まあでも、“同じことの繰り返し”ってのは、覚えるフレーズが少ないから簡単かと思えますが、レコーディングとなると全然そんなことナイですよね。むしろパターンが切り替わる方が、そのポイントで気持ちをリセットしながら巧いこと繋いでいきやすいですな。

     同じフレーズの繰り返しでも、楽曲が進行していく中でニュアンスが微妙に変わっていくのですが、それが発想通りにできていると、構成なんか意識せずとも巧いこと弾けるんでしょうね。そんな感じです。またね。

    狙うよりも自然に!ってことか?楽曲発売中!!
    にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    12 | 2021/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック