FC2ブログ

    GermanMAESTROへの愛(その2)

     みなさん、こんにちは。
     GermanMAESTROへの愛についての続きです。

    GMP 8.35D
    ・・・ジャーマンマエストロのヘッドフォンにおいての主力商品と思われます。
     別にメーカーが、「コイツがうちの主力商品じゃぁ~!!」と宣言しているワケではありませんが、このモデルにはバリエーションとしてケーブルが着脱可能のGMP 8.35Dモバイル。そしてやはりケーブル着脱可能で予備のケーブルと2種類のイヤパッド(人工皮革とベロア製)がセットになったGMP 8.35D モバイルアドバンストの2機種が在ります。(日本国内未発売)
     さて、私にとって初ジャーマンマエストロとなったのが本機です。
     しかしこの出会いは私に喜びをくれましたね。
     このモデルも箱に「Handcrafted in GERMANY」と記されています。
     密閉型アラウンドイヤーですが、GMP 450 PROやその他の400、435Sなどとは本体の形状そのものが違います。
     その創りは音楽用というよりは”軍用”という感じです(笑)。
     実際に軍隊での採用実績も在るようです。
     特殊な樹脂とスチールにより”事実上破壊不能”という構造になっています。
     地球上で最もタフなヘッドフォンと海外のサイトに記載がありました。
     イヤ、実際手に取ってみると判りますが、このヘッドバンドやハウジングに物理的損傷を与えるのは、日常生活上では無理そうです。
     うっかり堅い床に落としたりとか、無理な力をかけて捻ってしまったとか、そういうレベルで壊れることは絶対に無いでしょう。

     さて、問題のサウンド。
     モニター用ですので基本フラットで解像度は高いです。
     ただし、だからと言って退屈な音ではありません。
     高音はGMP 450 PROの透明感には敵いませんが非常にスッキリと伸び、中音は非常に前に出てきます。
     この中音はロック系のヴォーカルとギターを非常に艶やかに鳴らします。
     とてもエネルギッシュに聴こえます。
     低音はその量自体は決して多くないのですが、レスポンスが非常に鋭く音楽全体に素晴らしいドライブ感をもたらします。
     このヘッドフォンはホントに音楽を楽しく聴かせてくれます。
     果たしてモニター用としてそれはどうなの?とムダに悩んでしまいますね。
     つまりモニター用としての粗探しという本来の目的を忘れてしまいそうな危険なヘッドフォン(笑)なのですよ。

     海外のサイトでは非常に評価が高いようです。
     ゼンハイザーHD25と比較されている記事をよく見ます。
     名機であるHD25が引き合いに出されること自体、このヘッドフォンの優秀さを顕しているとも言えましょう。
     正規代理店価格は\30,240(税込み)。
     これはたとえば前記のゼンハイザーやAKG、ベイヤーダイナミックの主要機種と比べると割高感は否めません。
     とはいえ、私としてはこの性能であれば3万円は決して高くないと思います。
     ホント、やや大袈裟ですが全ての音楽ファンに体験して欲しいヘッドフォンです。
     敢えて欠点を挙げるとすればケーブル。
     本体がゴツく見える割には220gと軽量なせいで、ケーブルがちょっと重たく感じられます。
     海外のサイトで「この本体より重い(そんなワケない!)ケーブルをどうにかしてくれ~!」と書いている人がいました。
     実はケーブルが脱着式仕様になっているGMP 8.35 モバイル、モバイルアドバンストであればこの欠点は解消できますね~。
     メーカーがユーザーの意見を採り入れてこのバリエーションが生まれたのかもしれません。
     っていうか、このモバイルアドバンストってのは私も非常に欲しいです。
     イヤ、もうヘッドフォンは買わないんですよね!?
     ってなワケで、このGMP 8.35 Dはモニター用であるにも拘らず、制作用としてではなくリスニング用としての私のファーストチョイスになっています。

    3CAN116
    ・・・今年の3月にジャーマンマエストロ普及活動の一環として正規代理店より購入しました。モバイル用として設計されたオンイヤー型、本体重量133gというコンパクトなヘッドフォン。
     モバイル用なので人に見られることを想定してか、ジャーマンマエストロとしては異例(?)とも言えるデザインにも気を配ったヘッドフォンです。
     ただちょっとオッサンが外で使うにはハデな気はします。
     とはいえ、度々持ち出すようになったら慣れました。っていうか、どうせ誰も私のことなんて見てないって!!
     モバイル用ということで周囲の騒音の中での使用を想定されてか低音が強めです。
     っていうか、けっこうな重低音ですな。
     ただし、単純な重低音フォンかというとちょっと違います。
     これはジャーマンマエストロ全体の傾向だと思いますが高音域がとても澄んでいるのです。高音域の音質レベルが非常に高いと思います。
     コンパクトな割には音場が広くてけっこうビックリ。
     これが前出の高音域の質の高さを表現するのに一役買っています。
     モバイル用ですので装着感は重要ですが、イヤパッドは厚く側圧もきつ過ぎず本体も軽いということで優秀な部類に入るでしょう。
     正規代理店価格は\10,800(税込み)。
     さすがにこの価格で「Handcrafted in GERMANY」ということは無くて、小さく「Made in P.R.C」(中国製)の文字があるのですが、それよりも大きな表示で、
    「Engineering and Final Assembly made in GERMANY」とあります。
     何か煮え切らないですがちょっとカワイイ気もします(笑)。
     エントリーモデルとはいえ、ジャーマンマエストロの特徴である高音の美しさと解像度の高さをキチンと備えていますので、買って損の無いヘッドフォンだと私個人は思っています。クラシックには全然向かないとは思いますけど。

     ってな感じで、長々とジャーマンマエストロへの愛を書きました。
     全て読んでくださった方は非常に少ないと思われますがお礼を申し上げます。


    楽曲発売中!!

    GermanMAESTROへの愛(その1)

     みなさん、こんにちは。
     さて私はヘッドフォンマニアです。
     イヤ、自分ではそうでもナイと思っていたりします。
     と言うよりは私は決して”真性”のヘッドフォンマニアではナイと言うのが正しいでしょうか!?
     だって私のヘッドフォン所有台数なぞたかだか10台程度です。
     しかも所謂ハイエンド・プレミアムクラスと考えられる(まあどの辺で線を引くのかは難しいところですが)5万円を超えるようなヘッドフォンは持っておりません。
     この程度では気合の入ったヘッドフォンマニアの方々からは”青二才”だの腰抜け呼ばわりされても仕方ありません。
     とはいえ、マトモな人たちから見れば大枠では”ヘッドフォンマニア”ということになるでしょう。
     ってなワケで、今回は青二才なりにヘッドフォンへの愛を書くのです。

     当ブログを継続的に読まれておられる方であれば、私がとあるブランドのヘッドフォンに心酔(?)していることをご存知かもしれません。
     そうです!それはドイツのブランド、GermanMAESTRO(ジャーマンマエストロ)です。 誰に頼まれたワケでもありませんが、
    「GermanMAESTROヘッドフォンの日本市場における地位向上!!」
    こそが私の使命だと思っているのです。
     でも本音を言うとですねぇ~……、GermanMAESTROが日本でドマイナーなままですとそのうち代理店が完全に手を引いて、私自身が今後入手するのに苦労する事態が起こり得る、それを避けたいだけなんですけどね。
     でも良いモノだと心から思っているのは事実でして、だからこその行動だと理解していただきたい。(勝手にしろ!)

     つまり今回はGermanMAESTROの宣伝みたいなモノです。
     どうしても皆さんにも知ってもらいたいのですよ。

     ってなワケで、GermanMAESTROヘッドフォンの特徴をツラツラと書いていきます。
     名前の通りドイツのブランドでドイツ国内においての製造を売りにしております。
     なんか、ドイツ製ってのは日本製ってのと並んで良い響きです(笑)。
     非常に心が落ち着きますね。

     私は現在3台のマエストロ、GMP 450 PRO、GMP 8.35D MONITOR、3CAN116を所有しておりますが、これは現行の日本代理店で扱いのある4機種中3機種です。
     もう一つ開放型のGMP 435Sという機種がありこれもそのうち……、イヤ、私「もうヘッドフォンはイイや!」と言いましたかね!?
     ではそれぞれの機種の特徴に行ってみましょう。

    GMP 450 PRO
    ・・・密閉型アラウンドイヤー。
     箱には「Handcrafted in GERMANY」と誇らしげに記されています。
     デザインはお世辞にも良いとは言えません。
     それどころか、とても約4万円するヘッドフォンには見えません(笑)。
     しかしその安っぽさが功を奏しているのか大柄なのに重量は僅か240g。
     それが非常に快適な装着感に繋がっています。ハウジング部分がサスペンションのような構造になっており浮いており、イイ感じにフィットするようになっています。
     とにかく長時間着けていても全く物理的ストレスを感じません。
     ただしやや側圧が緩すぎる傾向にあり、着けたまま寝転がったりするとちょっとズレやすいかもしれません。
     メーカーに因れば”クラシック・ジャズ向き”であり中高音域にとても透明感があり、美しい響きを奏でます。
     解像度は非常に高く音場も密閉型にしては広め。
     とにかく一音一音が明瞭に聴こえるため、録音が悪いソースだと粗が非常にはっきりします。
     低音はやや抑えめでしょうか。
     ロック系ソースではちょっと物足りなく感じられるかもしれませんが、独特の浮遊感というか立体感が在りちょっとクセになります。
     以前ブログでも書きましたが、このヘッドフォンを手に入れて、
    「もうヘッドフォンはイイか!?」
    と思いました。それぐらい高音質です。
     インピーダンスが300Ωというのがあまり一般向けではないですが、そもそもこのクラスの購入を検討する人であればその辺の事情はクリアできるでしょう。
     ちなみに日本代理店での扱いはありませんが、同じドライバを使用し、外観もほとんど同じですが開放型のGMP 400というモデルも存在します。
     本音を言うとこちらも欲しいです。
     以前の代理店では扱っていましたね。
     現行の代理店でも是非扱っていただきたいです。
     でも私は「もうヘッドフォンはイイか!?」宣言をしてますから買ってはいけませんね。
     とはいえ、自分で買っていないけど何らかの手段で入手するという抜け道はいくらでも在りそうですけどね(笑)。
     まあとにかく、私がいくら褒めたところでこの機種が普及するとは思えませんが、私はこのヘッドフォンが愛おしいです。
     長くなりましたので他の2機種については続きます。


    楽曲発売中!!

    今年は面白かった

     みなさん、こんにちは。
     ツール・ド・フランスが終わりました。
     私はジロやブエルタが終わった時の様には燃え尽きません。
     ツールは大抵面白くないからです。
     でも、今年のツールは面白かったと言えます。
     アラフィリップのおかげですね。
     優勝したベルナルは、果たしてこれから数年間無双し続けるのでしょうか?
     それとも他のコロンビア人と同じで、最初がピークで徐々にフェイドアウトになるのでしょうか?
     そうならないことを希望します。
     っていうか、彼なら大丈夫という気はするのですけど……。
     さて、ブエルタまで一か月もありません。
     ブエルタは絶対に面白くなりますので、今からワクワクしてしまいます。


    楽曲発売中!!

    27の1

     みなさん、こんにちは。
     このところ夏らしい感じになりましたね。
     昔から夏が一番好きな季節なのですが、年を重ねるにつれて暑さで体力を奪われるようになってきましてちょっと微妙ではあります。
     とはいえ、やはり秋になってしまうと非常に哀しくなってしまうのでしょうね。

     ってな感じで、先週はやや忙しくDR弦の交換がやや遅れてしまいました。
     ええ、余裕で一か月を過ぎてしまいました。
     しかし昨日、生涯で27セット目のDR弦を投入しましたのでここに報告します。
     相変わらずあのショボいパッケージは軽く鬱になりますが、弦交換という行為自体は非常に清々しく(笑)気分が上がりますので差し引きではかなりプラスという感じです。
     で、どうだったの?
     大丈夫です!パーフェクトな弦でございました。
     DR弦を張るたびに、「どうせなら全部コレにしちゃおうか!?」
    という想いに駆られるのですが、アーニーボールの”ギンギン”な感じも捨てがたいし、新品弦のストックのことを考えると、DR弦は完全密封とは言い難いですのでどうしても躊躇しますね。
     ええ、私はストックが10セット程度は無いと落ち着かないんですよ。
     DRを10セットストックするなんざ、かなりの恐怖であります。(敬礼!!)
     購入時に不良でなくとも、あのパッケージでは日本の湿気にやられてしまいそうですわ。
     家で自分で保管するには現状の3~4ヶ月程度が限界のような気がします。
     うん!?でも全部のギターをDR弦にすれば10セットが一周するのは2ヶ月か?

     まあとにかくこれで不良率は27の1でして、
    「あの不良弦はタマタマだったんだよ!」
    とか言っても大丈夫な気がしてきました。
     当ブログの推奨弦がDRであることに変わりはありませんです。


    楽曲発売中!!

    最後にやや

     みなさん、こんにちは。
     今年のツール・ド・フランスは面白い!!というのは最後にやや味噌が付いた形になってしまいました。
     大注目の第19、20ステージが悪天候のために短縮され、ティボー・ピノの涙のリタイア。
     それだけでもフランス中が哀しみに暮れたのですが、リーダーのアラフィリップもマイヨジョーヌを奪われ、結局総合5位に沈みました。
     そして本日の最終ステージ、パリ・シャンゼリゼゴールを残し、エガン・ベルナルが事実上のマイヨジョーヌを獲得しました。
     昨年のチャンピオンでチームメイトでもあるゲラント・トーマスは総合2位。
     総合3位はグランツール初の表彰台となるステファン・クライスヴァイク(チームユンボ・ヴィスマ)。
     彼はこれまで惜しいところで表彰台を逃していましたが、今年はユンボ・ヴィスマのチーム力が素晴らしくその勢いを生かすことができました。

     う~ん、終わってみれば(一応まだ終わっていませんが)結局勝ったのはチームイネオス(元スカイ)。
     とはいえ、アラフィリップの予想外の頑張りにより非常に面白かった今年のツール。
     きっとアラフィリップは総合敢闘賞を獲るでしょうね。
     まあ”残念賞”と言えなくもナイのですが。

    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック