FC2ブログ

    まあ仕方ない

     ATPマスターズ1000上海大会準決勝。
     ビッグ4と若手の対決という2カードとなったが、その結果は対照的なモノとなった。
     ジョコヴィッチ×ズベレフ戦。
     ズベレフは欠点が少なく高いレベルで色々なプレーができる。
     しかし、誰にも負けない強みが在るワケではナイ。
     相手はハードコートを得意とする最強のオールラウンダーであるジョコヴィッチ。
     うん、上海のような高速ハードコートで、ズベレフがジョコヴィッチに勝つ図というのはカケラも浮かびませんな。
     きっとジョコヴィッチが勝つだろうと思っていたが、その通りになりましたな。
     っていうか、想像以上にボコボコにされましたな。
     戦術がどうこう以前の差が在りましたな。

     そしてフェデラー×チョリッチ戦。
     結果は対照的にと言ったが、フェデラーには全く良い所が無し。
     チョリッチの調子が良かったのと、フェデラーは前日の錦織戦のキレが皆無。
     まあフェデラーは肉体的な衰えなのだろう。
     ツアーを優勝するには連勝しなければならないのだけれど、どうしても調子の悪い日が出てしまう。
     以前なら高い技術で何とか凌いできたが、このところはそれを遂行する体力さえ明らかに無くなってきているようだ。
     以前も書いたが、フェデラー引退の日が確実に近づいてきている。

     ってなワケで、決勝はジョコヴィッチ×チョリッチとなった。
     フェデラー×ジョコヴィッチ戦を期待していたが、今日のフェデラーを見ていたら、まあ仕方ないと思う。
     またね。

    楽曲発売中!!

    ちょっと不運

     ATPマスターズ1000上海大会が進行しているが、当ブログでは何も触れていない。
     だから今日は初めて書く。
     っていうか、もうベスト4が決まったんだけどね(笑)。
     上海は高速ハードコート。
     私はけっこう好きである。
     で、本日は準々決勝。
     先ほどフェデラー×錦織戦が終わったところ。
     結果は6-4,7-6でフェデラーのストレート勝ち。
     でもとても面白い試合だった。
     この二人の高速ハードってのは大抵面白くなる。
     フェデラーの3回戦までの調子がイマイチだったのでどうなるか?と心配したのだが、フェデラーもしっかり調子を上げてきた。
     そしてそれに錦織が見事に応えた形になった。

     フェデラーのファーストサーブの確率は71%。
     フェデラーのファーストが70%を超えたら、普通は圧勝になる。
     しかし錦織がそうさせなかった。
     イヤ、今日の錦織なら相手がフェデラー(若しくはジョコヴィッチ)でなければ、間違いなく勝っていたと思う。
     それほど錦織も良かったのだが……。

     錦織も今日勝っていれば、ツアーファイナルズ進出の可能性がまた少し上がったのだが、相手が調子の良いフェデラーだったのはやや不運だったかもしれない。
     
     ってなワケで、ベスト4のカードは、
     ジョコヴィッチ×アレクサンダー・ズベレフ、フェデラー×チョリッチ。
     ビッグ4VS期待の若手というカードである。
     ちなみにジョコヴィッチとズベレフはズベレフの1-0、そう昨年のローマ大会の決勝であり、フェデラーとチョリッチは
    フェデラーの2-1であるが、直近の対戦は今年のハレ大会決勝でチョリッチが勝っている。

     つまり、直近の対戦では若手の方が勝っている。
     とはいえ、高速ハードだから結局フェデラー×ジョコヴィッチの決勝になるかな!?
     まあ私も含めテニスファンの多くはそれを望んでいるんじゃない!?
     またね。

    楽曲発売中!!

    素晴らしい

     みなさんご存知のように、フィギュアスケートの高橋大輔が現役復帰した。
     それだけで充分嬉しいが、フリースケーティングの振り付けは途轍もなく素晴らしい。
     要所の動きはまるでコンテンポラリーダンスである。
     音楽を表現する!というのはこういうことだと思う。
     またね。

    楽曲発売中!!

    無冠はナイか

     第49期新人王戦三番勝負第一局、藤井聡太七段×出口若武奨励会三段は藤井七段が勝利。
     まあ順当勝ちと言える。
     が、私ごときが言うのもなんだが、このところの藤井七段の将棋はちょっと冴えがナイ。
     っていうか、一時期に比べると指し手に面白味がナイかな!?
     勝てばイイのかもしれないけど。

     ってなワケで、それよりも注目なのは明日から始まる第31期竜王戦である。
     タイトル獲得100期目が懸かる羽生竜王。
     そして今年度絶好調の広瀬八段。
     何となく広瀬奪取の流れという雰囲気なんだけど……。
     羽生さんが”無冠”になるというのも現実感がナイ。
     またね。

    楽曲発売中!!

    虚言は無視するべし

     久しぶりに買ったイヤフォン、Final E3000のムダな感想続編である。
     つまり本日は外出時に初めて持ち出したのである。
     周囲の雑音の中で使うとけっこう印象が変わったりするからね。
     しかも外出直前まで敢えてGERMANMAESTROで聴いていたりする。
     これはFinal E3000にとってはかなりのハンデとなるだろう(笑)。
     で、果たしてE3000の実力は!?
     うん、どうやら高音がキツイと感じた理由が判った。
     私が普段使っているGERMANMAESTROやクリプシュReference On-Earと比べると、中音域の出方が弱いのである。
     だからどうしても高音が目立って聴こえるのかも。
     ただし、解像度は中々である。
     さすがにGERMANMAESTROやサウンドウォーリアーSW-HP10sには敵わないが、こと解像度に関してはクリプシュより上かもしれない。
     イヤイヤ、確かにこれは5,500円の音では無いと思う。
     アホなオッサンが「高音がキツイ!」とか言っていても、無視して良いレベルである。
     唯一欠点が在るとすれば、一見しただけではL、Rの区別が付きにくいことか!?
     一応筐体に表示が在るのだが、その文字を色分けしてくれたりすれば良いのに。
     まあ今後もタマに持ち出して使おうかな?と思っている。
     またね。


    楽曲発売中!!
    プロフィール

    鈴木浩憲
    Cool Finger Official Website
    Cool Finger Facebook

    人とは一風変わった音楽哲学を持ったギタリスト/シンガーソングライター。オフィシャル・ウェブサイトでは、オリジナリティあふれるロック・ギター講座を展開。


    ★attention★


    投稿者の欄が無記名、または“名無し”“通りすがり”等の匿名性が非常に高いコメントは、いかなる内容であっても削除致します。
    当ブログはリンクフリーです。
    当ブログの全てのコンテンツの無断使用を禁じます。

    リリース
    最新記事
    カテゴリ
    カレンダー&アーカイブ
    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    リンク
    RSSリンクの表示
    最新コメント
    最新トラックバック